ひなひなさくさく~アニメ感想~

今期はコードギアス、ドルアーガがお気に入りですv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日分の感想


+ゾイドジェネシス 30話+

セイジュウロウとガラガペア。
おばあさんがダンブルなのはすぐに分かったけど、
途中の話で「もしかしてダンブルじゃない?」
と何回か思わされるようなところがあって
つくりが上手いなぁと感じた。
いや、私が単純なだけかもだけど(^^;)

セイジュウロウへのダンブルのセリフ。
これでもしかして死亡フラグ回避か!?
もう3クールもつかな……?
位に考えていたのでこれは嬉しかったv

+おねがいマイメロディ 31話+

弱点せめて主役キャラ倒した!
すごいよクロミ様!

そんなクロミの素敵な姿と
柊様がたこ焼き落としまくりんぐなところが良かった(笑)
柊先輩の仲で着々と歌への気持ちは膨らんでいってるのかな?
スポンサーサイト

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

土曜日分の感想


+Blood+ 4話+

お父さん攫われる。
攫われたのをずっと見ていたのは監視して
本部から叩くためなのか、それともあの女性一人だったので
戦力的に不安があったためか。
なんにしてもこれが沙夜が戦う最初の理由になりそう。

フォレストの彼女はフォレストをどのように意識していたのだろうか?
フォレストが化け物であるのを知っていてかくまっていたのか
それとも、化け物だとは知らずに、
フォレストが助けを求めてきたから世話をしていただけだったのか……。
前者だったらかなりの悲劇だなぁ。

化け物であっても大丈夫だと支え続けて、
それでも化け物になっていってしまう恋人。
慕っていた人まで重傷を負わせてしまって落ち込む恋人
それに対して何もできない自分。
でも、世話だけはと思って一緒にいるけど、
ある日ついに自分までも殺されてしまう……。

スポットは当たっていないけど、こちらも考えてみると
見ごたえがありました。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

木曜日分の感想

+ARIA 3話+


あらあらうふふ。
今週も全てを癒す時間がやってまいりましたよ。

そらがロゼッタとは(いきなり声優ネタか)
アリスが灯里さんって言うシーンはケロロの小雪にかぶった。
元気娘だけじゃなくこういうキャラもできるようになったんだなぁ。

今回はあらあらうふふはなしで、
ぷいにゃー分と恥ずかしいセリフ分が大量供給されていました。
ちなみに、恥ずかしいセリフは禁止する人がいなかったので
留まるところを知らない聞いててごろごろ悶える展開に!
笑顔って良いなぁv

アカツキさんもいい人だv
モミ子モミ子って呼び方変えないのも素敵。
なんだかんだいって、灯里に付き合ってあげてるんだなぁ。
アリシアさんとうまくいくかは分からないけど(笑)

今回も上手くウンディーネに絡めた世界観説明。
空でアカツキたちが守っているから暮らしが保たれている。
単なる水上都市ってだけでなく、
裏側には長年の開発努力があったというのが垣間見えて面白い。

今週もばっちり癒されたv
明日も頑張ろう。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

水曜日分の感想


+Canvas2~虹色のスケッチ~ 4話+

うわぁぁぁ、日本シリーズがあるってことすっかり忘れてた。
録り逃したorz(なのはも)
好みっぽい娘が出てくるから楽しみにしてたのに……。
次回からは気をつけよう……(TT)

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

火曜日分の感想

+アニマル横町 4話+

あみの髪を下ろす回が……。
個人的にあみは髪おろしている方が好きだったので残念だったorz

前半、後半両方共にヤマナミさんステッキーな回。
あみとヤマナミさんの何回も繰り返されるギャグとかお約束ながらかなり楽しかった。

+焼きたてジャぱん! 52話+


銀河鉄道999の夜。
のわりに、メーテル出すわ、志村後ろ後ろー!
みたいなことになってるわで大変だった。

「良かった。何かのアニメのパクリじゃなくて」

そのセリフを言うにはもっと状況把握をする必要がありそうだぜボーイ。(誰)

そんな感じで今回もパロはなかなかでしたv


+D.C.S.S 17話+


アイシアが……アイシアが……。
今回ばかりは音夢がまともなキャラになってた。
もう誰か一人でもまともなキャラがいないと壊れそうな作品だ……。

前半。
アイシアの「みんなを幸せにする」というのが
自分の行為の正当化にしか使われていないような感じがした。
みんなのため、みんなのため、と言いながら
音夢のいる前で純一と腕くんで先に行くなんてなぁ……。
音夢の幸せはどうでもいいのか……。

まぁ、せっかく一緒に来といて二人だけで話し込んでいる音夢と純一もどうかと思うけど。
少しでもアイシアに気遣っていれば印象も違ったけど。
うむ、純一に触れられて泣き出すとは、暦先生の子供は良い目をしているな(えー)

後半。
音夢が尽くしているのに何もしない純一にアイシアが怒る話。

「アレとってー」
「音夢、アレはー?」
「おーい」

どんな超絶亭主関白だよ(´A`)

ゴミ投げてそのままが日常的とかマジでありえない。
せめて、「悪い音夢。捨ててくれるか?」
とか少しでも言葉かけしたら良いのにそのままなんて……。
アイシアが怒った時には思わず拍手しかけた。

音夢も音夢でアイシアには感謝するけど、アレは私たちの間では普通なことなのよって……。
みんな純一を甘やかしすぎだよ……。
そんなんだから純一がどんどんダメになってしまったんだ(´A`)
前作よりよくなったとは言われているけど、
個人的には前作の純一の方が圧倒的に好きだったなぁ。

年数の違いはどうしようもできないと思い、
どうしたら良いのか分からなくなるアイシア。
脚本が圧倒的に音夢×純一構成でそれが崩れそうにないから
見ている側としては今更感も。

ずっとなんだかなーと思いながら見てたわけだけど、
これを普通のギャルゲー(エロゲー)原作のアニメとしてみてしまうのが間違いだったんだ。
これを、アイシアの成長物語としてみれば結構納得がいく。

要するに、音夢が帰ってくるとかことりが純一について悩むとかすべては
アイシアのための脇役の話でしかなかったと。
見知らぬ町に魔法を求めてきた女の子(メルヘンチック)
が魔法使いだと思う人を見つける。
その人が魔法使いじゃないと知って落ち込むけど、
自分はみんなを幸せにするために頑張る。
(その回ごとのゲストキャラを混ぜつつ)

で、ことりが出てきてことりの気持ちに同調。
いつの間にか好きになってしまった純一。
友達の好きな人を好きになってしまう展開に。
だけど、その人には彼女がいて……。
みんなを幸せにしたいし、自分も純一と……。
でも、自分はどうしたらいいのか分からない。←いまここ

そんな時、さくらが帰ってきて魔法についてアイシアを叱咤。
アイシアはそんなことはない! と魔法を使うも失敗。
みんなの助けによってその失敗がフォローされて、
さくらの言った言葉の意味を理解。
純一への思いもあきらめ、みんなの幸せを理解する。

そんな体験を通してアイシアは一つ大人になったのでした。<完>


D.C.S.Sからのキャラや前作キャラの不遇っぷりも、
すべてはアイシアを引き立てるためだったんだよ! な、なんだってー!

そんな感じで(最悪だ)


テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

日曜日分の感想

+交響詩篇エウレカセブン 27話+

よし、頑張って追いつこう。

+ゾイドジェネシス 29話+

前半はコト姉主役回だからか作画良いなぁと思ってたけど、
後半に行くにつれ怪しく(´A`)
話としてはコト姉の過去話でまとまっていた感じ。

フェルミさんとコト姉何かあるのかな?
と思っていたけど、コト姉には別に妹がいて、
フェルミさんとは今回のことで少し因縁になる程度でした。
しかし、日曜朝からコト姉緊縛、フェルミさんのシャワーと
よく分からないところで力を入れているのはさすがだ(えー)

コト姉は忍者でした(違)という話だったけど、
今まであんまり伏線なかったから少し唐突に感じたかも。
本当の名前を明かさないっていうのも
あんまり絡んでこなかったし。
妹さんの生死は不明だけど、ラスト付近などで復活もありそうかな?

コト姉とミィさまが歌うエンディング。
もうそれだけで萌えっぽいのにとんでもないことになってた!

「大人になるたび膨らんだ」「私負けないんだから!」

とかセリフ入りで萌え絵盛りだくさん!
めがねっ娘ミィ様&コト姉にはやられた。
フリフリミィさまもよかったv
これは毎週聞くのが楽しみだv

その後のロン先生の講座。
コト姉登場。ロンが何も言ってないのに被害受けてて面白かった(笑)

+おねがいマイメロディ 30話+

町中がみんなロリになっちゃえばいいな☆

そんな回(えー)
クロミ様の魔法を懸命に跳ね返す柊様すごい!
バクとの思い出はトラウマっと(メモるな)

小暮の歌に対する反応でニヤニヤ。
気持ちを自覚したっていうのがかなり効いてる。
ロリ歌に対しては完全に保護者的な感じだったけど。

琴がお姉ちゃんは大変なんだ、と実感する。
もう少し詳しくかくか、これとは別にもう1話作ってもよさそうな感じだったなぁ。
小清水さんのロリボイスは破壊力抜群だったけどv

テーマ:お願いマイメロディ - ジャンル:アニメ・コミック

土曜日分の感想

+Blood+ 3話+

お父さん襲われる。
血が地面に染みただけで、生死は不明なので
(次回予告でも襲われたってだけになってるし)
生きていることを願いたい。
こういう親父キャラって大好きなので(^^;)

初っ端からいきなり全裸。
長い黒髪でいろいろ隠すべきところは隠しているけど、
やっぱりエロい。
健全エロで攻めるのかと思ったら普通にこんな描写がされていたので驚いた。

カイも陸も血の繋がりはなかったのか。
妻と娘を失って自暴自棄に、というところで
カイたちは? と思っていたけど、そういう理由だったので納得できた。

沙夜(前回沙耶とか書いていきなりオリキャラ登場させてしまったのは秘密だ)
の鼓動のおかげで生き延びたっていうのは
絶望の淵にいる人間を奮い立たせるのにはちょっと不十分じゃないかな。
その後、銃を向けているわけだし、今の沙夜なら別にしても
自分にとって危険かもしれない存在のおかげで生き延びたっていうのはちょっと消化不良な感が。

お父さんの決断を知らないままにお墓にいったり、
家まで戻ってきたりと沙夜の不安描写はかなり良かった。
でも、お父さんが倒されるのがあっさり過ぎたので
最初そんなに深い傷だと思っていなかった;
お父さんの叫びももう少し時間をかけてほしかったかも。

敵の存在が少しずつ明らかに。
泣き虫の人(名前忘れた;)はアメリカに帰ってマウスにされた
(もしくは除隊と同時にマウスにされた?)
けど、前回のものとは違ってかなり意思は残っている模様。
そのために、恩人を傷つけてしまい、精神崩壊。
沙夜が死という形で救う、という展開になりそうな。

ちなみに、いきなり全裸とかエロいとか書くと、
TB先にご迷惑になりそうだったので
まともな文章をその上に書いておいた
っていうのはお姉さんと君だけの秘密だぞ☆(えー)

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

金曜日分の感想


+ケロロ軍曹+

1話目はミギィ?
それとも美鳥の日々?
中原さんもいたし美鳥かな。
ケロロは蛙らしくどこんじょうだったけど(笑)

ギロロの男気は素敵でしたv

後半は小雪のちょっとシリアスな話。
ムーンライトで即座にセーラーを思い出す私を誰か殴ってください。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

木曜日分の感想

+ARIA 2話+

やばいやばい超やばい。
このままでは口癖が「あらあらうふふ」とか「恥ずかしいセリフ禁止!」
になってしまいそうだ。
ARIA熱がかなり高まってきたなぁ。
個人的に今期ダントツかも。
単行本そろえたいー(>_<*)

アクア・ラグナの説明。
だけど、今回のメインは水上都市の現象紹介じゃなくて、
ツンデレ娘のキャラクター編っていう感じだったなぁ。
冒頭で前回良い活躍としていたアイちゃんとのやり取りがあったのは嬉しかったv

犬かと思ってたら猫だったのね、アリア社長……。
逐一動きが細かくて帽子かぶって出てきたりするシーンとか可愛いですv
えさ半分残してあげたのに振られるシーンとか(笑)

雨が降ってきて、一回屋根の下入ったけど屋根が小さくてぬれてしまって
「だめだー」と別の場所に避難するとか
ずんたったーずんたったーと町を歩く時も、
水が長靴のところまで段々あがっていって靴を脱いで足で水をけるとか
結構日常描写に力を入れてる感じがする。
それがまたまったり癒しにつながっていてv

アキラさんの性格も良かったv
それにひたすら「あらあらうふふ」と返すアリシアさんにやられたvvv
もうこれから何を言われても「あらあらうふふ」しか喋れそうにないぐらいハマったv(そんなにか)

あー、もう。本当に癒し系。
見終わった後身体が癒しで満たされたような気分になれる。
本当に良い作品だv
コミカル描写と普通の綺麗な描写の使い分けもできていて
それがまたまったり感を生んでいるので
このままずっとまったりしていてほしいv

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

水曜日分の感想


+Canvas2~虹色のスケッチ~ 3話+

小説がスランプ→リアリティがほしい→じゃあデートだ!

というキャラ編でありお約束な話。
お約束で最初は「あー」とか思っていたけど、
オチや二人の尾行、それでいてキャラの可愛さもできていて
かなり上手く昇華させていた。
思えばこの作品ってキャラも話もお約束要素満載なのに
上手く面白くさせているなぁ。

霧さん可愛いよ霧さん。
今のところエリスよりも幼馴染派。
だけど、エリスと霧さんが敵対するわけでもなく
尾行の時は手を組んだり、少し相手を意識しながらも
仲良くしているせいか二人ともかなり好印象。
ドロドロの愛憎劇も嫌いじゃないけど、
こんな風にほのぼのしてる方が個人的には好みなので嬉しいv

途中エリスが風船の赤い色を見て反応しなかったり、
主人公が普通にキャンパス前に向かっていたりと
今までの伏線が「ん?」と思わされるところがいくつかあったのが気になる。
エリスは1話が過剰描写で信号の赤→事故を思い出すからあまり見たくないとか、
日常生活にある赤いもの→嫌いだからなるべく視界に入れないようにしている
とか、そんな程度だったりするのかな?

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

火曜日分の感想

+アニマル横町 3話+

原作に少しオリジナル混ぜた形かな?
クイズ時代だった頃のを反映してるのかも。
今回は不条理ギャグ多目だったかな。

二話目はてっきりお腹一杯で食べられなくなって
お母さんに怒られるオチかと思っていたので
ちょっと意外だった。


+焼きたてジャぱん! 51話+


今回作画がやけに綺麗で可愛い感じがしたv
そんなときに月乃に出番があってよかったvvv
でも、大半がマッチョ作画なのは……。
ジャぱんって何気にマッチョキャラ多いよなぁ。

明かされるシャドウの過去。
パントマイムでついには目に映るもの全てをー!
という設定で「じゃあお客さんの前ではどうしてたんだ」
とツッコミを入れてしまいました。すみません。
モニカに比べるとかなり理由が微妙だなぁ。
天才とバカは紙一重理論は確かに納得するものがあったけど。

とりあえずあれだ。
ピエロが素敵ということで(それだけか)


+D.C.S.S 16話+


ついに恐れていた展開がきてしまいましたよー。ギギギ。
そんな感じ(内容を語りなさい)

アイシアが純一を好きになる理由が微妙で、
単にたまたま一緒にいて周りの子が良い人だ良い人だって言うから
好きになっちゃったっていうミーハーな感じにしか映らなかったなぁ。

ちなみに、欧米は知らないけど、日本人はそういうところが多いみたいです。
5人のうち3人がいいよいいよーって言ってる人だと
後の2人もその人のことを好きになってしまう錯覚心理。
モテる、モテないは結局運みたいなものですね。
何人かがいいよいいよーっていって、それが周りに広まればモテる。
広まらなければモテないみたいな。
芸能人も同じ原理で「イケメン」とか「ジャニーズ」とか
ブランド形のものがつくとかっこよく見えてしまう心理。
中には本当に好きな人もいると思うけど。

そんなわけで、美春以外実は皆純一のことが好きでしたーという確認回。
もう、キャラクター編もなさそうだし、みんな純一への想いには決着をつけているような感じなので、
あとはアイシアを処理するだけみたいな展開になってる。
それにしても、アイシアはことりにもできなかったことをしている
という罪悪感とかはないのかな?
皆も同じだから私も良いよね。
と変に理論付けてしまったいる気が。

これから純一、音夢、アイシアの三角関係メインになっていくようだけど、
さくらはどうなるんだろう……?

頼子さんのことが語られていたのは嬉しかったv

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

日曜日分の感想

+交響詩篇エウレカセブン 26話+

準備中。
面白くなってきたよーとのことなので、
1話足りないけど、近いうちにまとめてみようかな。

+ゾイドジェネシス 28話+

今回はとにかく動きが素晴らしかった。
最初のフェルミさんのくねくね描写や、
ミィさまのチャイナ服での動き、
周りを見ているうちに集団から一回遅れてしまって
慌てて追いかけるシーン、
部下の兵士の歩き方やザイリンさんとの戦いで飛び散る汗まで
全てが作りこまれているような感じで
動きでも楽しんでみることができた。
こういう動きがあると見ごたえがあって良いなぁv

話はミィさまのツンデレ描写が凄まじいことにv
ザイリンさんは精神的にかなりヤバくなってきた。
ルージの敗退。
一番大きかったのはルージの敗退だけど、
ミィさまの言葉で鬱展開にもならずに
ルージが前を向いてより頑張っていこうとする展開になっていた。

エウレカとゾイドは主人公属性は同じ感じなのに、
主人公に対する周りの反応、特にヒロインが主人公をどう扱っているかで
こんなに違う雰囲気になるものなんだなぁ。
エウレカの方もついにエウレカが動き出して鬱展開払拭とのことなので
ヒロインの態度ってかなり重要な気が。

次回はついにコト姉とフェルミさんのことが明かされる?
こんな感じで毎週グループの行動を一つずつ紹介していくのかな。
なんにせよ楽しみv

+おねがいマイメロディ 29話+

フライング発表?
だけど多分2年目突入らしいとのこと。
面白いんで一年で終わるにはもったいないと思っていたので
願ったりかなったりv

そして今回もとんでもない話だった……。
宍戸留美さんボイスのクラスのマドンナが
私がクラス1のマドンナなの! といって
クラスの女子を皆男子にすればいいんだ!
という結論に行き着いて実行しちゃうお話。

マイメロママの

「女の子に他の女の子の話をする男の子は
 かまってほしいだけなのよ。不器用よね」

とか

「フラットくんはボーイフレンドとしてはいいけど、
 本気になっちゃダメよ」

とかはかなり毒舌で面白かったv
さすがマイメロファミリー(笑)

片岡さんや小清水さんの男の子ボイスはかなり新鮮、
だけど上手くてそういう意味でも驚いた。
特に片岡さんは普通に少年役で主役はれそうなくらい。
歌ちゃんがかっこよかったv
男だったら普通のライバル友情関係になるのか、なるほど。
「男だけどー」と歌にときめいて数秒後がっかりする小暮素敵v

「ドキがムネムネ~」とミキがポエム読んだり、
「ハートをひりひりでパヤパヤにしてあげるわ!」とマドンナが言ったり
パロっぽい方面でも面白かったv

眼鏡君が告白して
男の子は誰でも自分の心の中に唯一人のマドンナがいるものさ
という結論で終了。
小暮の気持ちの再確認+本人の完全な自覚。
そんな必要事項をする回でここまでやってくれると
スタッフに拍手を送らずにはいられない(笑)

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

土曜日分の感想


+Blood+ 2話+

いきなり日常描写は終わりでもうバトル物になっていくのかと思ったけど
まだかなり残されていて嬉しかった(^^)
次回は過去編みたいだし楽しみv
小清水さんがこっちにも出ていて驚いた。
結構レギュラー持つようになったなぁ。

沙耶覚醒。
それから家族愛につなげて終了の2話。
首チョンパシ-ンとかはかなり明度を落としていたから、
そんなにグロくなかったかな。
むしろ、最後の犬を引き裂いて電話ボックスに
血がピシャってかかるシーンの方がグロかったかも。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

金曜日分の感想

+ケロロ軍曹+

毎週ちゃんと見てはいるんだけど、
最近ちゃんと感想書いてる時間がなかった……。

ケロロ家出話。
久しぶりにケロロで泣いたなぁ。
この前の猫話での「お前も映ってるんだな」
もよかったけど、今回は最後に軍曹が謝る時の「ごめんなさい」
の言い方がリアルでよかったv

段々寂しくなっていく様子とか、
たたみにぼーっと寝っころがってほっぺぷにーってしてるところとかは
かなり切なくなった。
そうなんだよねーと頷いてしまうこともしばしば。
ひなたは家出はしたことないけど、
入院したりが多かったので病室で一人になると段々寂しくなっていって
かなり辛かったりしたので(今でも周り白い部屋とかはダメ;)
なんだかそんな気持ちになってちょっと悲しくなりました。

なんだかんだ言いながらご飯待ってたり、探しに言ってあげる様子も良かったv
まぁ、今回悪いのは軍曹なんだけど(^^;)
そりゃ、自分が楽しみにしてるゲーム先に進められてたら誰だって怒るよ……。

例えて言うならドラクエⅤで結婚前でセーブしていたのにいきなり天空の城いるみたいな

そんなことあったらかなりきつい。
結婚と子供生まれる時、奥さんがさらわれて助けに行って石像にされてというのは
ドラクエⅤの肝となる部分の一つだから……。
というわけで軍曹が悪いのです(えー)

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

木曜日分の感想


+ARIA 1話+

各地でまったりアニメ、癒し系アニメと騒がれていたので
かなり期待していたんですが期待以上に面白かったです(^^)
夜中に見ると眠くなりそうだけど、
作品全体からマイナスイオンとか癒しオーラとかそういうものが出ている感じ。
OP、EDも作品の雰囲気にかなり合っている。
個人的に今期一番かもv

アリア社長=犬みたいなのの動きが可愛いv
キャラの表情も結構細かくてよい感じv
結構設定が詳しそうな世界観だったけど、
あんまり説明ばかりにならずにウンディーネという職業を上手く使って
町の概観とかを見せたり、会話の端々ににじませたりしたのも
演出上良かった。

上で書いたとおり世界観にオリジナリティーがあって、
それが完成されているものだからすごい。
キャラクターも世界観に合っていて、
みんなまったりしていて良いv
「恥ずかしいセリフ禁止!」はツボにハマったvvv

本当にまったり、癒し系という言葉がよく似合うアニメ。
ほのぼの癒し系のまほらばとは少し違う感じだけど
こちらはまったり癒し系という感じかな。
まほらばが暖房ならARIAはお風呂や水っていう感じで。
すーっと流れる時間を楽しめるアニメ。

かなりの良作で満足(^^)
主人公の逆漕ぎの設定も面白いし(あの動きも良かった)
アイちゃんが主人公を上手く立たせていたし。
当然継続決定v来週も楽しみだvvv

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

水曜日分の感想

+Canvas2~二次色のスケッチ~ 2話+

エリスはまだこっちにきて1週間しか経っていなかったのか。
だったら先週疑問に思ってたことにも納得が。
柳君(感じこれでいいかな?)は今画家として活躍中。
反対に主人公が日陰の道を歩いているとそういうことかー。
前回勘違いしていた部分がいろいろあったみたいで申し訳ない(TT)
でも、今回の話で大分すっきりしました。

どんな話なのか1話の時点ではまだよく分かっていなかったのですが、
主人公が絵を描くまでの成長物語と
エリスと幼馴染の二人のうちどちらを選ぶか(エリスっぽいけど)
という二点に絞られてくる。
この辺りはW-wishと同じ感じかも。

W-wishは途中までで見るのをやめてしまったけど、
(φは明るいノリだったので最後まで見られた。
あれは結構良作でしたv)
ほぼ二人のヒロインと主人公の記憶が鍵となっていて
他のヒロインが松来さん以外は結構踏み込めていなかった点があったけど、
Canvasではその辺をどう処理するんだろう?

D.C初期のように一応全員に見せ場を与えて気持ちを伝える、
というには時間が足りないような気も。
やっぱり、主人公、ヒロイン二人で構成して後は茶々入れ程度の扱いでいくのかな?

分かりやすい修羅場キター(笑)
エリスは幼馴染と主人公の間に何があったのか知らないし、
幼馴染はエリスが主人公と一緒に暮らしている
=若い二人が暮らしている=心配のような面があって
どちらも知らないことがあるから不安がある。
エリスと幼馴染は知り合いではあるけど、
お互いをライバル視はしている模様。
幼馴染はからかっている、というだけでは説明できないので
やっぱりいまだあの頃の想いがくすぶり続けているということなんだろうか?

2話になって色々分かったし、幼馴染も出てきて楽しくなってきたので
感想はこれからも続ける予定v
個人的にはヒロイン二人よりも主人公の過去の方にどう決着をつけるのかが気になる。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

火曜日分の感想

+アニマル横町 2話+

先週より少しテンポがよくなっていたように感じた。
原作の雰囲気を忠実に再現している感じで
なおかつ、アニメらしい感じも保っている。
15分で見られるのも気軽に見やすくていいし、
まったりしてるし、毒もあるしと
いろいろ楽しめそう。

それにしても、りぼんの付録。
壁時計なんかつくようになったのか……。
自分の時は紙で作るゴミ箱とかそんなんばっかつд`;)
よくてレターセットだったなぁ……。


+焼きたてジャぱん!+

今週はお休みなんじゃよ


+D.C.S.S 15話+

ことりさま編終了。
次回からはアイシアと音夢と純一の関係に迫るよ☆

もう見る気がしなくなってきた……。

ことりがせつなすぎて辛い。
自分の頃と物の場所が変わっていたりとか
せっかく作ったものと同じものがすでに冷蔵庫にあったりとか
色々なところで辛すぎる。

というか、純一は音夢がいないからってことり様に甘えすぎ。
あんな長年連れ添った夫婦みたいな会話や行動しておいて
音夢が帰ってきたらはいそれまでよって……。

純一が自分のことも大切に思ってくれている。
(決して恋愛感情ではないけれど)
それが分かったから幸せ。
少し辛いけど、純一のことは大切だし
音夢たちのことも大切。
今の自分も大切に思われているから幸せ。
いつまでもここで立ち止まってるわけにはいかない。

そんな思いがあって、ご飯を作るのを断ったり、
歌を歌って吹っ切るようにしたと思うんです。
音夢がいなくなったらすぐことりに頼もうとする純一はあれだけど
ことりには純一以外のもっといい男を見つけてもらって
幸せになってもらいたい……。

だけど、これからの展開としてさくらが帰ってこようと
アイシアが純一を好きになろうと、
音夢と純一ルートは崩れそうにない気がするんだけど……。
これで音夢振って、アイシアと付き合い出したらある意味神になれる(笑)

ことりとくっつくのがOP、EDや今までの展開から見るに
一番いいような気もしたんだけど……。
そもそも音夢がもっと後に出てきていたら
こんなことにはならなかっただろうに(´A`)

ところで、美咲さんは不思議っ子のまま最終回まで通すのだろうか?

日曜日分の感想

+交響詩篇エウレカセブン 25話+

準備中。

+ゾイドジェネシス 27話+

ルージが普通に褒められたり
「お前いい奴だな」って言われているのが素直に嬉しかった。
やっぱり鬱展開が続くよりも段々と主人公が成長して
認められていくほうがいいなぁ。
エウレカにはこういうところが足りない……。

ルージの成長が少しだけど見られた回。
前回できなかった発言もしてるし。
あと、ミィさまのツンデレ度がやばいことになってた。
ルージと一緒のグループだし何かあるかも(笑)
ロンが同じ組になったのはあの悪巧み? のため?

セイジュウロウさんがいよいよヤバい段階に。
死なないといいけど師匠の死を乗り越えて……
という王道展開もやりそうで怖い。

珍しいグループわけで今回は色々面白そう。
コト姉の秘密もそろそろ出てきそうだし。
50日間は長いように見えるけど、
きっとあっという間なんだろうなぁ。
考える時間があってそれでも集まってくる描写は燃えるので
今から楽しみv

ザイリンさんは身体的、精神的にやばくなりそう?
部下が言おうとしていたあのゾイドに乗ることの副作用は
それだったりして。
とりあえず、ツッコミどころはなんでゾイドの中にまで釣り人衣装があるのかとそういうことだ(えー)
行方不明になるかと思っていたら案外簡単に生きていたのにはびっくり立った。

今の懸念材料は物語よりキャラより何より作画だなぁ……。
今回もかなりバラつきがあったし、
ルージが降り立つところはかっこよかったけど、
ザイリンさんが結構シーンによって変わってた。
これさえなくなれば言うことなしなんだけど。

+おねがいマイメロディ 28話+

どんな新商品になるのかなーと思ってみてたら
もーっとお願い☆もーっとをつけるだけ
というおもちゃ販促形アニメとしては考えられない
暴挙に出てきた。
いや、無理におもちゃ売ろうとしている感じがなくていいっちゃいいんだけど
会社的にはそれでありなんだろうか……。

お天気お姉さんの格好がラムちゃんに見えて仕方がなかったです(えー)
後王様はあきれる通り越してウザくなってた;
王があれじゃいかんだろう……。
せめて、パワーアップアイテムくらい持ってこよう。

そんなわけで、新展開に突入したはずなのに
いまいち展開が分からないところはマイメロらしいなぁと思いました。

土曜日分の感想

+Blood+ 1話+

初っ端から首チョンパやら刀でぶしゅざしゅやら
とんでもない描写で一気にB・P・O!な展開に(えー)
グロ描写の方も気合入っていて個人的には凄いと思ったけど、
やっぱりこの時間帯でここまでのものは大丈夫なんだろうかという懸念も。

全体的に見ればクォリティーの高さに驚かされ、
鬼、日常生活などの細かい描写の素晴らしさに見惚れ
際立っていた足のエロさにどうしようか悩む(えー)
作品でした。
見えそうで見えないの微妙な感じが非常に良かったです(マテ)

このクォリティーで1年やったら神なんじゃないかな……。
主人公の声優さんも演技が上手くて全然気にならなかったし
(食べ物食べてるときはさすがに難しかったかもしれないけど)
悲鳴の時とかは本当に上手でびっくりした。
こんなに驚いたのは小清水さん以来かな。(ナージャ)

日常描写も逐一細かくて良かった。
お弁当の具を食べるごとにちゃんと変えていたり、
お金を受け取らず、そのまま残して下のお弁当箱だけ取ったり、
そのままずっとお金は残しておいて友達が来たら隠すというような
描写にもこだわりのようなものを感じた。

また、鬼の恐ろしさを出すための沙夜の表情、
鬼の跳躍や爪を振り下ろす時の迫力、
あのあたりの絵はかなり良かった。

沙夜の秘密などの説明を少し登場人物に喋らせすぎている
感もあったけど、第一話としてはかなり良質の作品だったと思う。
暗い話だからどうかな?
と思ったけど、視聴続行決定です。
心配なのはこのクォリティーを維持できるかどうかだけど、
何とかしてくれると信じたい。

ちなみに、OP。
やっぱり、高橋さんはロボット系よりもこういう普通のアニメのOP
の方があっているように感じました。
作品にあっているし歌もいいしでかなり好きです。

EDは絵柄が違って最初戸惑ったけど、
日常描写の絵も入れられていたので良かった。
今回の日常描写がかなりよかったので、
これからも少しでもあると嬉しい(^^)

木曜日分の感想

+電車男 スペシャル+

あんまりにも痛くてまともに見ていられなかった(´д`;)
内容としてはエルメスさんの友人で玉の輿狙いの人と電車の友達の
劇団ひとりさんの恋愛話。
それから、阪神ファンの人の恋愛話、あの時ネットの裏側ではどうなってたか
というようなネット住人+友達に重点を置いた形に。
ある種のファンサービスのような内容でした。

一方電車男はエルメスさんと温泉旅行へ。
混浴、一緒に入りませんか?
とかガードが無防備すぎるよ……。
それでまた掲示板に書き込んで「電車めー!」
ってな展開で終了。

先々週あれだけ卒業話をやったんだから
最後の話は無かった方がよかったなぁ。
パソコンを一回開けるけど「俺はもう卒業したんだ」
というように思ってパソコンを閉じて一人でも決められるようになった電車。
そんな成長があったらよかったけど、
卒業しても何も成長しないままのような気がしたので。

今回のスペシャルは本編補完の形だったけど
個人的には出てきてほしくなかったシーンもあってちょっとへこんだ。


+極上生徒会 最終話+


前の話の感想は後で書くですよ。

先週で終わりでも良かったぐらいの展開だったけど、
今週で一応神宮寺の話の終結。
聖奈さんの過去や立場バラし。
プッチャンの正体バラし。
と先週残っていた問題をちゃっちゃと片付けていった印象。

そういうわけで、感動度としては前回の方が上だったけど、
最後のOP流れながらのキャラ紹介とか
問題や伏線を放置せずに最後までやりきったのは良かったと思う。

宮神学園は巨大なモラトリアム空間だって言う話を前に書いたけど
卒業後も残るっていうことはモラトリアムの延長線上にあると思う。
会長は会長、りのはりので成長という成長
(心身ともにに少しはあったけど)はしなかったし、
りのが言うとおり「変わっていない」んですよね。

もちろん、これが悪いというわけではないけど、
今の状態(主に会長など)は現代社会で言うところの
大学や専門学校のような存在だと私は思います。

社会に出るまでの準備と学生でいられる最後の期間という二つのものが
同じくらい合わさってできているのが大学や専門学校。
そこへ通うことでどんな社会へ出て行くのか自分で決め、
最後の学生生活を楽しめるというものです。

会長(や聖奈さん達)もいつまでも留まることはできないだろうし、
卒業したら生徒会メンバーは全員講師へ、なんていうこともできないはず。
理事長をやりながら、半分生徒会にいて、半分社会的な仕事をする。
その上で自由を手に入れたのだから何をするかということを決めていく。
そういうことを会長たちは考えていかなくちゃいけないんだと思います。
(まして、聖奈さん達は教員免許持ってないし;)

「宮神大学でも作りましょうか?」
おいう会長の言葉が別の形で現実になった、
そんな気がしました。

長々と書きましたが、最強キャラは結局聖奈さんということで(えー)
ギャグ物としてノリも良かったし、
キャラ物としても登場人物全員を好きになれる良作でした。
ゲームやりたいけど、まずPS2を買わなきゃなぁ……。
その後またお金ためて買おう☆


+はっぴぃセブン 1話+


OPで絵が流れているのに音声が

「小野しんじ、バーモンド育ち!」(漢字知らない;)

だったから、これは何のネタだ!? と思ったら
ビデオを重ねどりした影響のようで。
すぐに歌流れ始めました。
普通に美少女アニメソングって感じでいいv


内容的には、継続厳しそう……。
1話なのに、なんだかセリフと口パクがあっていない場面がしばしばあるのは
どうなんだろう。

とりあえず、ヒロインタイプと押しかけタイプ、姫タイプに無口、お色気お姉さん、双子と
萌えキャラ属性を集めてみました、というようなキャラクター。
主人公は今回押しかけ属性のキャラからしか見ていないので
まだ個性は発揮されていない感じ。
キャラ的には狙ってる感がありありなのがなぁ……。

EDで結構変身した時の双子のキャラとか先生のキャラとか違わないかな、
と思ったら変身したら性格が変わる模様。
何か萌えアニメの中で普通の萌えアニメとは違うことをやりたい、
という気持ちは分かるんだけど、
第1話でさえ押しかけキャラ以外あまりキャラが立っていない状況で
この設定を出してくるのも。

色々詰め込みすぎて1話から身動きが取れなくなっている感もあったので、
これからどうなるか。
個人的には視聴は打ち切りで。
自分は、m.o.e系レーベルやあかほり作品系とはノリがあんまり合わないみたい……。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

水曜日分の感想

+Canvas2~虹色のスケッチ~ 1話+


制服も赤いと思うんだ(挨拶)

原作も1の方も知らずに視聴。
1話としては少し不満。
赤いものを怖がる描写+その理由も分かるんだけど、
あれだけ赤いものがダメだと日常生活に支障を来たしまくりなような。

おまけに、主人公もその理由を知らないし、
見た感じずっと一緒に暮らしてきたような感じだったので
(そうでなくても、普通に「お前なんでトマトこっちにのけるの?」
 とかは聞きそう)
普通に知っていてもよさそうなものだけど。

後はお約束といった感じ。
前に告白してきた幼馴染、
後輩の真面目な女の子、
情報屋の女の子、いとこの妹分なヒロインと
おなじみのメンツで「アイツはああいうところはあるけど本当はいいやつ」と
ある種のお約束的な展開。
だけど、それなら絵の時だってすぐに信じてやればよかったものを……。

主人公の絵が欠けない理由は本などで出ていた眼鏡の人と関係?
赤が同じくダメということから一緒に絵で頑張っていた仲で
その中でコンクールみたいなものがあって
主人公と眼鏡の人が張り合う時に事故か何かで
その眼鏡の人の死と深く関わるようなことになって、
コンクールでは優勝したけれどそれ以来
絵に対する虚無感がある。

そんな感じのことを妄想したりしてました。

でも、大学生が主人公ということでよくある
高校生主人公の話とは少し違った展開が見られるかも。
今後に期待。


+魔法少女リリカルなのはA's 1話+


前作を見てないけど見ちゃうよー。
ひなたの予備知識。

・なのはがでてくる。
・フェイト(敵)が出てくる。(今では友達)
・第1話はエロくなったCCさくらだといわれていたが、
最終回付近での評判はかなりのものだった。
・OPが水樹奈々さんでEDが田村ゆかりさん

これだけわかっていれば十分だ!(えー)
というわけで視聴。

今回のOPもまた良いなぁ。
変身シーンはセラムンと言うよりはコレクターユイって感じかも。
新キャラの敵は赤い女の子と髪の長いお姉さん?
とりあえず、前回敵キャラだったフェイトと協力して戦うという展開は
王道で燃える(^^)

魔法システムが結構変わっていて面白い。
変身しなくても魔法は使えるけど、
変身した方がより魔法の力が強くなるということなのかな?
最初、魔法少女にしてはあんまり派手さのない服かと思ったけど、
フェイトとの対比という意味では(今作でも敵が派手だし)
このぐらいでちょうどいいのかも。

しかし、戦闘シーンのパンチラはなんだかちょっと邪魔に見えてしまった。
無理にそういうことをしなくても普通に萌えはあるのに。
このぐらいの内容なら夕方に放送しても大丈夫なんじゃないかな?

本編ははやてちゃんが鍵を握りそう。
植田さんスキーなので嬉しいv
前作知らなくても結構すんなり入っていけたけど、
フェイトとなのはのビデオレターとか、
前作を見ているほうが感動度の増しそうな場面もしばしば。
やっぱり録りだめしておいて前作を見てから見たほうがいいかな?

作画クォリティーは結構高めだし、
戦闘シーンの動きもいいのでこのクォリティーが保てれば
人気も継続するかな。
個人的には面白いんだけど前作を見てからにしようか迷い中。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

火曜日分の感想

あれ、一回書いたはずなのに消えてる……?
間違ってどこかで誤爆ってたら連絡下さいorz


+アニマル横町 1話+


エレジェレ先に見ようよ(挨拶)
OPが中毒性高いなー。

原作の毒が少し薄められてはいたけど、
イヨが耳でにんじん切ったり、「アニメの視聴率横ばいの略じゃないよ
なんていいだしたりと、
ブラックなところと不条理ギャグが完全に削られてるわけでもないので
一安心。

とりあえず、問題はイヨの声がおんぷちゃんで困るとそういうことだ(えー)


+焼きたてジャぱん!! 49、50話+

局も違うのに「謝れば大丈夫だよー」
とよくぞ無茶してくれた!
ジャぱんスタッフ最高だ☆

そんな感じで「コナン手前味噌」→「古代米味噌
をやるためだけにとんでもないことを
やらかしてくれた今回。
「まだだ、まだ終わらんよ!」、「悲しいけどこれってry」
もやってくれたので面白かった。

後半はかなりびっくり展開。
って、本当にそんな危険なことになってたのかorz
ピエロ=王子にもびっくりしたけど、
王様が本当に死んでしまったのにもびっくりした。
でも、東はそれよりも自分のおじいちゃんを生き返した方がいいんじゃ……。

ピエロのぶっちゃけぶりが面白かったv
そりゃ言い出せないよなぁ……王様。


+D.C.S.S 14話+


純一はことり様に土下座するしかないと思うんだ。

そんな訳で、ことり様の優しさで鬱になる回。
音夢と同じ水着だからって水着を忘れたっていって着なかったり、
温泉でも音夢との関係をこじらせないようにしたりと
本当にいい子だつд`;)

それに比べて、音夢&純一は……。
いや、もう何も言うまい。

ことり編は来週で終わって、
アイシアの恋愛話になるらしいんだけど、
それが本当ならあのOP&EDはなんだったんだ……。
ことりさまが不憫すぎる。

第1話が懐かしいよ……。

日曜日分の感想


+交響詩篇エウレカセブン 24話+

せっかくのいい話だったのに撮り逃したつд`;)

+ゾイドジェネシス 26話+

ザイリンさん敗れる。
また、ラ・カン軍も大敗へ。

双方にとって意味のある大きな転換点ともいえるべき回だったと思う。
ザイリンさんが敗れたことによって次の四天王が
出てくる可能性も強まったし、
行方不明になったザイリンさんの復活も気になる。

また、ラ・カンの討伐軍は今回の大敗で自分達が如何に思いあがっていたかを知っただろうし、
そのおかげで結束も強まるだろうことが予想される。
味方軍同士の小競り合いのようなものを(手柄がどうとか)
少年王道物でここまで良くぞ書いてくれたという感じだった。


+おねがいマイメロディ 27話+

北斗の拳パロが……!
ついにパロまでやるようになるとは。
もう誰もマイメロを止められない……!

初めてクロミ様が魔法で打ち勝った+
柊様の目的が本決まり。
マイメロ初の敗退で落ち込みモードへ。
次回新商品登場?
といったおもちゃが絡んでる作品の3クール目では
定番のような展開だけどそれをまさかパロと絡めてくるとは……。
とりあえず、マイメロの恐ろしさがよく分かった回でした。

携帯渡すシーンで「落とすなよー」
とクロミ様が言っているにもかかわらず
「コーヒー入れてくれ」「はーい」ぽとり、
で落とすマイメロが最高だった。

土曜日分の感想

+機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 50話+

ここはとあるマンションの一室。
シンたちは集まって機動戦士ガンダムSEEDDESTINYの最終回を見ていました。

シン(活躍できるかなぁ……ドキドキ)

放送中。

アスラン「な、なんだこれは!」

キラ「落ち着きなよアスラン。たかが回想ぐらいで

アスラン「そうは言ってもキラ! これは最終回なんだぞ!」

キラ「とりあえず、落ち着いて。ほら、君とシンの出番だよ」


 ルナ「あなたがメイリンを――――!」

 アスラン「やめるんだルナマリア!」

 足切られて吹っ飛ぶインパルス。
 そこへ駆け寄るデスティニー。

 シン「大丈夫か! ルナマリア!」
                    』

アスラン(あれ……俺悪役? 仮にも主人公の敵っぽいし)

シン(い、いい感じだ……!



 シン「この……アンタって人はぁ――――!」
                       』

キラ「あれ? セリフもバンクかな?

シン「!!!!!



 キラ「き、君は、一体――――!?」

 レイ「俺はラウ・ル・クルーゼだ」

 キラ「ど、どうして君が!?」
                    』

レイ(ラウに話しかけているはずなのに”君”呼ばわり。
   顔も見えていないし声も同じだから分からないはずだが……


キラ「レイ。最終回でそこにツッコむのはやめよう


  (中略)

 キラ「君は君じゃないか――――!」

 そう言ってレイの機体をバラバラにするキラ。
 ここでCMへ。
                           』

アスラン「なぁ、キラ」

キラ「なんだい、アスラン?」

アスラン「不殺の誓いはどうした?

キラ「え、なにそれ?

アスラン「!?

キラ「あ、ハルヒだ。可愛いよね」

アスラン「………………」



 CM明け
 どうやらレイは生きていた模様。
                    』

キラ(ニヤニヤ)

アスラン(くっ…………!)



 そんなこんなでやっているうちに倒されるデスティニー。
                            』

シン(あれ……!?)



 ステラ「シン……」

 シン「ああ、ステラ。どうしたの?」

 ステラ「もっと驚け

 シン「…………。
    うわぁ! ステラじゃないか!
    びっくりしたなぁ。どうしたんだい? こんなところで!


 ステラ「会いに来た」

 シン(普通に言えばいいのに……)

 ステラ「でも、ちょっとだけ」

 シン「そう言いつつ全裸だよ

 ステラ「もう行かなきゃ」

 シン「早いよ! って言うかステラだけでなくマユにもあわせてよ!

 ステラ「マユはだめ」

 シン「どうして!?」

 ステラ「シスコン兄貴には会いたくないって言ってた

 シン「Σ(◎д◎)

 ステラ「でも、大丈夫。またあした会えるから。
     うん、凄く楽しみ。それじゃあ」

 シン「ちょ……早口で意味不明なこと言いながら去っていかないでよ!
    ステラ! ステラァ――――――!」

 ルナマリア「シン、シン!」

 シン「ス、テラ……」

 ルナマリア「シン! 良かった、きがついて……」

 シン「ステラの全裸……マユ、携帯……

 ルナマリア「Σ(◎□◎)

 シン「あれ? ルナマリア。戦いは……?」

 ルナマリア「これから始まるところよ」ぱきゅーん!
                              』


シン「ちょ、絶対途中からネタ混じってましたよ!
   俺あんなこと考えてな」

キラ「あの状態で全裸のステラを妹の携帯で撮りたいと思うなんて……

ラクス「最低ですわね」

カガリ「女の敵だな」

レイ「いや、男でも一緒にしてほしくないな」

シン(レイまで!?)



 なんやかんやで中略。
 レイがついにギルバートを撃った!
                  』

キラ「ねぇ、レイ。泣き声が

レイ「あなたに言われたくありません

ラクス(いい具合に殺伐としてきましたわ……v)

アスラン「というか、キラ。お前わざわざ降りて銃持っていかなくても
     明らかにMSのまま基地つぶした方が……」

キラ「主人公はこういうものだよ

シン(俺が主人公なのに!


そしてEDへ。番組終了。


シン「あはははははははははははははっ!

アスラン「シン!? (あれだけのものを見ては
     さすがのシンも壊れずに入られなかったか!?)」

シン「あはは。嫌だなぁ。みんなグルになって。
   怒りませんから本当のことを話してくださいよ

キラ「本当のこと?」

シン「もう、ハメたんでしょう?
   こんな尻切れトンボな最終回で、なおかつ
   主人公なのになんか敵側っぽいなんて最終回、
   あるわけないじゃないですか!

シン以外「!!!!!」

シン「だから早く本当の最終回を見せてくださいよ!

アスラン「シン……実に言いにくいことなんだが……」

シン「なんですか? 怒りませんから言ってください」

アスラン「あれが本当の最終回なんだ

シン「え――――――」

アスラン「だから、さっき見た回想がふんだんに使ってあったり
     シンが主人公どころか脇役になってたり
     結局キラが全部いいところもっていったりしたのが!
     まぎれもなく本当の最終回なんだよ!」

シン「う、そだ……」

アスラン「だったらビデオを巻きもどしてもう一回見てみろ!」

シン「うそだ……うそだぁぁぁあああああ!」

キラ「シン。大丈夫さ」

シン「え?」

キラ「なんと機動戦士ガンダムSEEDDESTINYDVD最終巻には、
   スペシャルエディションとして40分のその後が語られる
   作品がつくんだよ!


シン「本当の最終回は……DVDを見なきゃ分からない……!?」

キラ「そう、このDVDが今なら特価で」

シン「そ、そんなバカなことがあるかー!」


ぱかーん(例によって種割れる音)






というわけでずいぶん長くなりましたがこんな感じの最終回でした。
メカ作監の人が怒るくらいRさんの脚本が遅筆だったとか
いろいろ噂が流れていますが、スタッフでなくても怒るよ……。
とりあえず、「ああ、種だったなぁ」というような最終回でした。


+クレヨンしんちゃんSP+


所見で泣いて、これは賞を取って当たり前だと思った作品。
いいものって言うのはやっぱり何回見ても色あせないものですね。
オトナ帝国と戦国大合戦は数あるクレしん映画の中でも屈指の名作だと思います。
(普段のギャグノリも好きだけど)
感動と笑いを上手く同居させてストーリーも厚みのあるものに仕上げた
本当に良い作品でした。
アニメだから、クレしんだからで忌避している人にはぜひ見てもらいたい作品です(^^)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。